目指したいのは暮らしの手帖

アフィリエイトって結局、自分のサイトとか
ブログ経由で広告主のサイトに飛ばすのが目的ですよね。
それによって報酬を得るわけですから、完全な商業です。

でも、ごく普通の消費者は、広告だと思っていない場合も多いですよね。
騙すのではなくて納得して飛んでいってもらえているのか?
ココがかなり重要だと思うのです。

実は、アフィリエイトだと知っていて申し込む人も
増えてきていると思います。

そんな人は、リンクの踏み変えを必ずすると思っています。
間違えて踏んじゃった。
でも、コイツのサイトからは申し込んでやらない。
こんな人いると思いませんか?

ある人は、そんなことないって言っていましたが、
またある人は、確実にあると思うって言っていました。

そうでなければ、私のインフォトップの報酬は
もう少しあってもおかしくはないと思うんです。
なんせ、ツールをたくさん買うのは、ツールを売るためですからね。

ただ、アフィリエイターにモノを売るのは難しいです。
なぜか、自分より稼いでいる人にたくさんツールを買ってもらいましたが、
ある意味稼いでいないと買おうと思わないようなものですからね。
なんの特典もないのに買ってくれた人が本当にたくさん。

感謝しています。
そして、いつか焼肉食べ放題かお寿司の食べ放題に
招待したいと思います。
いつになるかしらないけど。

話は、暮らしの手帖の話でした。

この会社は、自社の広告しか掲載しないのです。
商業主義を見下しているのかもしれません。

一切、企業からお金をもらわない。
自社でお金を出して商品を購入しどんなふうに良かったか?
どこの製品のどのへんが足りなかったのか?
全部記事にしてしまうんですね。

消費者としてこれほど安心できるテストもないわけです。
完全な個人の感想と実験結果ですから。

買収に屈しない態度には、強いファンが付くんですね。
プライスレスです。

サイトアフィリエイトでもこんなことができたなら
とても良いと思います。
お金をもらっているのかもしれないけれど
ここの人はちゃんと自分で購入して自分で調べている。
その比較はとても的確だった。

そんなふうにクチコミで広がるようになれば
敵は少なくなると思います。

実際には、お金を頂いているのですが、
変なことでは、順位を変えない姿勢というか?
客観的にテストした結果だとか?
自分でいろいろ購入した結果の感想だったりとか?

ある意味当たり前の話だと思うのですが、結局、多くを売ろうとすると
サイトの中には嘘がでてきてしまったりするのかも。

購入者しか知りえないことって、これから購入する人にとっては
とてもためになる部分のはずです。

結果を出しているかたは、やはり実際に試している人が多いと思うのです。
広告主だって自信がある商品は、何にも知らない人に紹介してもらうよりは、
購入して体感した人に紹介してもらいたいはずですよね。

だからこその自己アフィリなのに、思ったほど購入されない。
なんかいい加減なことばかり書く奴が山ほどいる。

こうなるとその広告主はアフィリエイト市場から撤退しちゃうかもしれないですよね。

良い広告主は、このへんを辛抱して見守ってくれているような?
なるべく早く期待に応えたいとは思うものの
なかなか思うようにはいきません。

知名度という意味では『こんな本』知らないというかたの方が
多いかもしれませんが、哲学を貫き通すというのはものすごいことだと思います。

あなたが幸福になるためには、ショッピングが大切です。 たのしいショッピングは、こちらから!

関連記事

コメント

  1. こんにちは
    19歳からずっと暮らしの手帳を読んでいました。
    6本木の別館での催事にも行ったことあります。
    (ここは読者から譲られた土地と建物)
    料理の基本も暮らしの手帖で学びました。
    ずっと残していましたが引っ越しで処分しました。
    今は買ったり買わなかったりです。
    毎月でないのもちょうどいいですね。

    • hanabi
    • 2014年 9月 18日

    りすさん 毎度コメントありがとうございます。

    雑誌社の鑑だと思います。
    どこぞの広告費だけで紙代も印刷代も製作費のすべてを賄ってしまえていた会社とは全く違います。世の中のトレンドは誰かが意図して作り出す事が可能なのかもしれませんが、そういったこととは無縁の世界で生きていたいものです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お申し込みはコチラから!

domo

ページ上部へ戻る