知ってる君とクレクレ君

みなさん、おはようございます。

世の中で嫌われている人のパターンで多いのが
この知ってる君とクレクレ君らしいです。

これって知ってる?
て聞くと
『知ってる!知ってる!』
って言うらしいです。

または、人の言っていたことを聞いているうちに
ものすごく昔から知っていたような気になって
教えてくれた人に教えちゃったりするらしいですよね。

知っているという人は、稼いでいない場合が多いです。
とある塾で、俺はあの人のやり方も、この人のやり方も
全部知っているんですよ。

そういう人がいました。

で、その人本人は、知ってるだけなんだそうです。
誰がどうやって稼いでいるのかは知っているけれど、
自分は、外注を使ってアフィリエイトをやっているけれど
月の報酬は、全然伸びないのです。

こういうのが、知っている君の正体ですね。

そんなのを実際に見たいというかたは、、有料ですが見ることができます。

アフィリエイトで報酬のあげ方って知ってますか?

『ハイ、知っています!でも、作業が難しくて・・・』
とか
『知っています。でも、モチベーションが・・・』
とか、
これって知っているということなんでしょうか?

知っていることに、価値なんかまるでないんです。
やっていることに価値があるんです。
たとえ間違ったことをやっていたとしても
間違っていることに価値があるのです。

本当のことを知っている人って、自分が考えて実践した過程を
知っているんです。

それを知るには、その人が何を考えてどうして行ったのか?
そのへんをなぞる必要があったりすると思います。
だから、うかつなことは言えなかったりするんですよね。

ただ、『知ってる。知ってる。』って言う割には、
何を知っているのかもわけがわからない知ってる君もいます。
こういう人に真剣に教わっている人ほど結果が悲惨ですね。

『まぁ、知っているけどあなたに教える筋合い無いでしょ!』
とか言う人もいますね。

要は、何にも共有できないわけですね。

アフィリエイトフレンズで梅津さんがやろうとしていることはなんなのだろう?
ここを考えると見えてくるものがありそうです。

そのへんの考え方だけでも、結構な共有財産のような気がします。
知っていることを教わることより、知らないことを教わる方が
為になったりする場合もあります。

だから、SNSとかでは、これ知らないけど誰か教えて!
とか知らない話をすると喜ばれるかも?
まるおさんみたいに知らない自慢をして欲しいです。

まぁ、間違った答えが返ってくることもあるかもしれませんけど
そんなやりとりこそが人のためになるんじゃないでしょうか?

うめさんがよく言う言葉。
『マジスカ?』『全然シラナイッス!』
ようは、そんなところはあんまり大事じゃないっていうことだと思います。
では、大事にしている部分は、どんなところ?
アフィリエイトフレンズでは、そこを知ることができたら
それで良いのではないでしょうか?

月額3980円で「教えない」と言いながら、
実は、教えているうめさんが私は好きです。

そんな感じだから、月の報酬が1000万円を超えているアフィリエイターさんとかが
たまに、情報発信したりするんですね。
知らないけど。

SEOを仕事としてやっている人たちって、全く正反対のことを
平気で言っていたりしますよね。
もう何を信じていいかわからないです。
とかもよく聞きますね。

っていうか?
実は、信じることが一番危険だと思うのです。
SEO屋さんはどんどん廃業していって、どんどん地下に潜っているのですから
尤もそうなことを言う人々や、『知ってる!知ってる!』
とか言っているSEO屋さんは、要は、何にも知らないのと一緒です。

サイトアフィリエイトの場合、検索結果からの売り上げが
ほとんどのはずですから、すこしはSEOを知っていないといけないわけです。

ただ、どうしたら上位表示するのかは
知っている人はいないんです。

やってみて上位表示する場合もあれば、しない場合もある。

いつでもどれでも上位表示できるのなら、
その人は、きっと毎月1億円くらい稼いでいるはずです。
知っているって言う人は、結構知らなかったりしますよね。
知らないけど。

そうそう、知っていそうな人に聞くと、結構オーバーなこと言いますよね。
ブログをまずは、1000個作れとか?
でも、そんなことしなくても上位表示するんですよね。
少なくとも私の場合、知らないけど上位表示してます。

クレクレ君っていうのは、何でもかんでも
人がもらったものは、自分ももらって当然だと思っていて
『俺にも、クレ。俺にも、クレ!』ってクレクレ言うそうです。

なんでもらえる人ともらえない人がいるのかを考えないのです。

逆に、黙っていても、もらえると思っている人もいるかも知れません。

鳥の巣に、ひなが5羽いるとします。
オヤドリは、子供にエサをとってきて与えます。

良く見ていると、決して平等になんか与えていなかったりします。
『クレ!クレ!』ってアピールしているヒナにばっかりあげているような?
そのヒナだけ、飛び抜けて大きくなったりしています。

ここで、いじけてしまうヒナは悲惨です。
『なんで自分は食べさせてもらえないのだろう?』
考えているのかどうか知りませんけどそのまま死んでしまったりするんでしょね。

クレクレ君は、よく悪い意味で用いられるようですが、
自然界では、クレクレ君の方が長生きしそうです。

ただ、その言い方がカワイクないともらえないんでしょうね。

先日、書いたまるおさんは、全くカワイイというのとかけ離れた感じです。
でも、このひとたぶん鳴き方が上手なのでしょうね。

知らない割に、すごい情報を持っていたりします。
あんまり教えてくれないのですが、
タブン、私の鳴き方がカワイクないからなんでしょうね。

それか?
わたしが知ってる君だからかも?

あなたが幸福になるためには、ショッピングが大切です。 たのしいショッピングは、こちらから!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お申し込みはコチラから!

domo

ページ上部へ戻る