ブラック企業が話題ですね!

参議院議員選挙に絡んで、ネットでは、ブラック企業が話題です。

ワタミの創業者である渡邉 美樹さんが参院選出馬に絡んでの事みたいです。
2ちゃんねるとかで、書き込みを読むと完全に意見は2つにわかれているように思います。

労働基準法違反がどうじゃらこうじゃら?
何しろ法律を守らないのはいけないという論調とその真逆です。

べつに、渡邉 美樹さんや自民党を応援しているわけではないのですが、
個人的には、労働基準法に違和感を感じているので、ブラック企業だと言って
ワタミやユニクロを叩いている人は、本当に残念だと思わざるを得ません。

私は、個人的には、自営業者であり、ある意味自分を雇用しているのは、
自分自身な訳です。

するとここには、完全な労働基準法違反が成立しています。
だけど、労基法によって自分を訴える人なんかいませんよね。
自分を訴えても、自分が保証しないといけませんから。

サービス残業が嫌なら、時間になったら帰ればよいのです。
そのことでお店がガタガタになってもいいじゃないですか?
雇われているのですから、関係ありません。

ただ、自分で始めたら、そうはいかない。
そこのところを認識していれば、嫌なら辞めればよいのです。

世の中では、肯定が良いことで、否定はいけないという雰囲気があります。
でも、健全な批判精神も大切ですよね。

辻井 喬さんが健全な「批判精神」を育てるにはということで
堕落について書いています。

辻井 喬というのは、堤清二のペンネームです。

この本の中で、プリンシプルのあった人として
白洲次郎について語っています。

労働基準法なんて、道路交通法と一緒です。
守っていない人がほとんどです。
さらに言えば、例えば、速度制限を常に守っている人は、
多くの人の迷惑にすらなっています。

もし、本当に意味のある法律なら、労基法違反も交通違反も
例外なく徹底的に全てを取り締まるべきではないでしょうか?
それができないのなら、法律そのものがいらないというのと一緒では?

こんな前時代的法律さえも変えられない日本ってどうなんでしょうね。

世の中では、憲法改正が何十年も前から言われています。
しかし、変えなければいけないものほど変えたがらない人が多いのですね。

平和憲法があるからこそ日本は平和だとかいう人がいます。
でも、実際に家族を拉致されて平和な心で居られない日本国民がいるのに
そんなこと言えるのでしょうか?

自分の住んでいた島をロシアに取られてしまって
追い出された人々がいるのに、島を取り返すこともできない国って
税金を納める価値があるのでしょうか?

日本に返還されたと思って、つかの間の喜びに沸いたけれども
未だに、実は占領されているのと同じような生活を感じてしまう人々を
放って置く国に税金を納める価値があるのでしょうか?

憲法9条なんて、そのままにしておいたら、日本は完全に堕落に飲み込まれてしまうと思います。
少なくとも海上保安庁に、領海のパトロールなんか任せられないはずです。

この国は、堕落した人々にだけやさしい国なのですか?
このままでいいわけがないですよね。

鶴川村の武相荘の付近を通るたびに、心の中で次郎さんに話しかけています。
憲法を変えるのにこんなに時間がかかるのは、なんでなんでしょうね。

あなたが幸福になるためには、ショッピングが大切です。 たのしいショッピングは、こちらから!

関連記事

コメント

    • 桂昌院
    • 2013年 7月 07日

    >するとここには、完全な労働基準法違反が成立しています。
    >だけど、労基法によって自分を訴える人なんかいませんよね。

     労働基準法を理解していれば、こんな馬鹿な事は書かないでしょう。

    >もし、本当に意味のある法律なら、労基法違反も交通違反も
    >例外なく徹底的に全てを取り締まるべきではないでしょうか?

     すべての法律違反を取り締まり、処罰するのは現状では不可能です。
    上記の文章を言い換えれば「すべて取り締まる事ができない法律は意味がない」という事になりますが、それならすべての法律は意味がない事になります。

    >憲法9条なんて、そのままにしておいたら、日本は完全に堕落に飲み込まれてしまうと思います。

     現在の憲法で60年以上、経過するのに「日本は完全に堕落に飲み込まれて」いますか?

    >このままでいいわけがないですよね。

     「金儲けができる」「儲かる」という情報が氾濫している状況を憂う事はありますね。

    • hanabi
    • 2013年 7月 07日

    「金儲けができる」「儲かる」という情報が氾濫しているの?

    知らなかった。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お申し込みはコチラから!

domo

ページ上部へ戻る