レジリエンスを知っていますか?

心が折れるという表現がありますよね。
なんか最近折れる人が多くなったそうです。
これとは全く別ですが、とある周波数で人間の心は
簡単に操れるという話もあります。

いわゆるマインドコントロールっていうやつですね。
でも、これにとっても強い人も存在するみたいです。
どんな拷問にあっても自分を失わない人が
ごく希にいるのだそうです。

まぁ、表現の問題で『こころが折れる』という言葉を
使いたいだけの人が増えたのかもしれません。

たとえば、マラソンとかで息が続かなくなった場合にも
心が折れちゃいました~とか言っている場合もありそうですよね。

これって実は体力がないだけだったり、
アフィリエイトで作業できませ~ん。
ていう場合も実は報酬がないだけだったり。

で、個人的にはどうかなと考えた場合、
ある意味毎日のようにこころは折れているとも言えるし、
全く折れてないとも言えるような気がします。

自分以外他人の心を折るためにどうするべきなのか?
こういうことを真剣に考えてきたものとしては、
簡単に心が折れる人が増えているということは
ちょっとつまらない感じもします。

心理的な要因が結果に及ぼす影響を考えれば、
自分の心をどうやって操るべきなのかは
少し勉強しても良いのかもしれません。

世界のエリートがIQ・学歴よりも重視! 「レジリエンス」の鍛え方

でも、基本的に体力がない人が心を操るのはとても難しいと思います。
心が弱いのではなくて、カラダが弱いのかもしれません。

まずは、運動しやがれということではないでしょうか?

あなたが幸福になるためには、ショッピングが大切です。 たのしいショッピングは、こちらから!

関連記事

コメント

  1. 小学生の時はこころが体を支配していると思っていた。
    そのうち体が心を支配している部分も気づいた。

    卵が先か鶏が先か?みたいになってきた。

    体にこころが家を借りているようなところも感じてきた。

    こころと体は一体化している感じもある。

    すべてが宇宙の部分なのかもしれない、不思議。

    • hanabi
    • 2014年 4月 18日

    りすさん こんにちは!

    病は気から!なんて言いますが、気力のもとは、
    やはり、カラダのような気がします。

    体力とかだけでなくなにを食べているのか?
    どんな時刻に食べているのかでも、変わるのかな~

    カラダが必要としている以上に現代人は食べ過ぎなのかもしれませんね。
    知らないけど。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お申し込みはコチラから!

domo

ページ上部へ戻る