雇用の創出と逆効せよ!

古い会社の存在意義とかには、この事業を通して
雇用を創出することが社会的に意義があるというような話が
まことしやかに語られていたりします。

雇用を生み出すことが社会的意義があるなんて・・・
そんなふうに思われていた時代があったんだね~
もうあと何年かしたらそう思われるような気がします。

アフィリエイトにおいても外注さんに喜んでもらえている。
そんな考え方もあるのかもしれません。
ひょっとしたらアフィリエイターの中にも
かなりの雇用を生み出す人もいるかもしれません。

もちろん雇用が増えるのは良い側面もあるでしょう。
でも、誰にでもできることしかやらない人が
あまりにも増えるのは、良い事なのでしょうか?

融資の条件とかにも、雇用の創出が見込まれる事業をしている。
というような話があります。

これを観るたびにナンセンスだと思うのは、
私だけなのでしょうか?

これって無駄をたくさん作りましょう!
って言っているような気がします。

この世の中は、無駄を削ってこそ良くなる。
この当たり前の視点が抜けていると
お役所が集めないといけない税金は
増えていかざるを得ません。

社会保障の費用もまず減らすことはできないでしょう。
でも、保障を厚くして良くなるのはほんの一時、
ある世代からは必ずダメになるのは、社会主義国や
北欧の国を見れば明らかだと思います。

お役所が無理やりつくった雇用が、
企業そのものを蝕んでいますし、
良い人まで蝕まれていくような気がします。

これから起業するひとは、雇用を蝕んでいかないといけません。
あなたが起業すると雇用は減るであろう!
これこそが世の中を便利にするのです。

ひょっとすると犯罪が増えるかもしれません。

もしも警察官を少なくしたら、警察に勤めていて
クビになったひとの多くは、犯罪者になるかもしれない。

もしも役所に勤めている人を沢山クビにしたら
クビになった人の多くは、乞食になるかもしれない。

もしも検察官をほとんどすべてクビにしたら、
クビになったひとの多くは、詐欺師になるかもしれない。

不安が増えることもあるでしょう。
効率を良くすればよいわけではないのかもしれません。

しかし、効率を悪くすることで、迷惑を蒙っているのは
実は、いつでも一生懸命頑張っている人です。

多くの人を採用しなければいけないような企業は、
もう生き残っていくのが難しいと思う理由は、
そこで働く多くの人は、この一生懸命働いている人にあたるからです。

ダメな人をどんどんクビにできれば別ですけど、
多くの人は、クビにしたくてもクビにできない人の為に
働いているような感じです。

あなたは、今後もダメな人の為に働き続けられますか?
わたしは、ダメな人の為には働き続けられません。

良い人をたくさん作りだすのには賛成ですが、
雇用の創出には、単純に危機感を感じます。

雇用を創出する会社に金を貸す銀行って
バカなんじゃないかと思います。
これからの金融機関は、雇用を削って
無駄な仕事をする人の仕事を奪う会社に
お金を貸さないといけません。

その事業が、どれだけ世の中のためになるのか?
その指標は、どれだけのライバルを葬り去れるのか?
これをできる会社が世の中を良くするものと信じます。

なぜって今まで何の努力もしないで生き残ってきた企業は
変化しないと生き残れないからです。

工夫して生み出された新しい価値の創造こそ
とっても価値があるのであって、働かない人に
給料を払ったり、生活を保障したりしなければ、
まともな人の生活は良くなるに決まっているじゃないですか?
知らないけど。

PS.ダメなやつを切り捨てろ!
そう感じたかもしれませんが、そんなことだけを言いたいわけではありません。
見えない、知らない人を勝手に国が助けるよりも
自分が助けたい人を自分で助けるほうが自然だという意味です。

あなたが幸福になるためには、ショッピングが大切です。 たのしいショッピングは、こちらから!

関連記事

コメントは利用できません。

お申し込みはコチラから!

domo

ページ上部へ戻る